trees1

stdnts8

ビザ(査証)と医療保険の取得

受講プログラムが週18時間未満である、子供向けプログラムや、コミュニケーションスキルプログラムの参加者は、ほとんどの場合、B-2観光ビザや、ビザ免除プログラムを利用することができます。(日本国籍のみを保有している場合は、ビザ免除プログラムを原則利用できます)

受講プラグラムが週18時間以上の「英語インテンシブ」、「大学準備」、「大学進学インテンシブ」への参加者はF-1学生ビザを取得する必要があります。F-1学生ビザを取得場合は、米国内に滞在するにあたり必要な資金力があることを証明するため、口座残高証明書の提出が必要です。授業料に加え、$1,600x滞在月数分の残高が口座内にあることが求められます。

ESIはその後I-20と呼ばれるフォームを発行しますので、参加者ご自身で米国大使館・領事館へお持ちください。F-1学生ビザに申請する際は、$200のSEVIS I-901と呼ばれる代金をビザ申請料金とは別に支払う必要があります。こちらは、https://www.fmjfee.com/ で支払うことができます。 残念ながら、ESIではビザの発給遅延や拒否について責任を負うことはできかねます。 参加者は、参加が決定次第、できるだけ速やかにビザを取得することをお勧めします。(既に米国内の教育機関に在籍している場合は、Transfer Verification Formを送付してください) 米国に入国する際は、有効なパスポート、I-20、F-1学生ビザが必要です。 また、これらの書類はプログラム初日にお持ちください。For further information about student visas, go to U.S. Department of State Student Visa page.

医療保険

アメリカでの医療費は高額で、バークレーでは更に高くなることがあります。(場合によっては1日で$2,000から$3,000になることもあります。) 全ての参加者はバークレーに到着する前に、医療保険を契約しなければなりません。 契約する医療保険は、1件の事故・事案につき、最大保障額が$50,000以上で、免責額(自己負担費用)が$500以下で、更に必要治療費の75%以上が保険で支払われるものでなければありません。また、医療保険は、自国の自宅を出た時から自宅に戻るまでの間カバーされるものが望ましいです。医療保険加入証明はESIでのチェックイン時に提出をお願いしております。

いくつかの留学生向け保険会社を以下にご紹介します。価格は変わる可能性があります。また、補償範囲や細則についてはご自身でご確認ください。オンライン上で保険に申し込むことも可能です。

SevenCorners.com

Seven Corners. プログラム: InboundGuest

Gatewayplans.com

プラン名: Gateway USA Plan A もしくは Plan B

Travelinsure.com

“International Students in US” をクリック
プラン名: Study USA – HealthCare



twitteryoutube

      



 

toefl.org ielts.org
aaip.org ACCET.org NAFSA.org